修練内容

日々の修練は以下のような内容で行っています。

準備運動(ストレッチ)

修練始めにウォーミングアップとしてストレッチを行います。筋腱を伸ばしケガの予防に努めます。

基本技術の修練

少林寺拳法の技法の基礎となる体構え、足捌き、受身、突き、蹴り、受け等の反復練習と単独の法形についての修練を行います。
道院には鏡を多く設置しているので、法形を確認しながらじっくりと基本と習得します。

相対修練

少林寺拳法の修練は、二人一組で修練を行う「組手主体」が特徴の一つとなります。
実際に突き蹴りを当てる剛法の修練、相手の攻撃を想定した柔法の修練等、実戦を想定した攻防を行うことでより技をステップアップさせることができます。

鎮魂行

座禅を組み黙想することで、心と体のバランスをとり、さらに向上心、集中力、忍耐力などを養います。

資格別による科目修練

少林寺拳法には帯色で分かるように級から段位へ至る資格があります。
昇級・昇段にあたっては決められた試験を受ける必要があり、科目表に定められた技の習得、決められた修行期間と日数修練により受験が可能となります。
難波道院には高段位の拳士が多く、豊富な経験に基づいた的確な指導を行っております。

運用法

少林寺拳法の技を実戦で運用できるかを図るための修練です。
フェイスガード、胴、金的を守るファールカップを身につけ、一定のルールの下、攻防を行います。
通常の修練よりもハードになるため、難波道院では希望者を集い、指導者の管理の元、安全に行っております。

諸連絡と着替え

修練後、諸連絡を行い、最後に作務(掃除)を行って修練を終了します。